エンジニアの環境

エンジニアの環境

100%自社サービス開発

シンクロ・フードが運営するサービスは全て自社で企画し、社内のエンジニアが開発しています。
個人の自主性も重視していますが、チームで話し合いながら仕事を進めています。
生産性も大切にしているため、共有などはできるだけツールやテクノロジーの力を使って行っています。
自社サービスなので、小さいサイクルでPDCAを回しています。ダメならすぐに変える、という方針です。
その為、開発環境も自動テストや自動デプロイなど、開発フローの効率化を日々試行錯誤しています。

ユーザーのことを第一に考えた開発

開発の際には、営業や企画設計のメンバーとも密にコミュニケーションを取りながら開発を行います。
サービス開発は「設計者の設計した仕様書が1番」ではなく、「ユーザーが満足するかどうか」を最も大切な指標として置いています。
そのため、例え仕様書に書かれていたとしても、ユーザーの為になることであれば、自ら改善案を出したり、開発時に修正することもできます。
もちろんアイデアや企画も導入されやすく、また、ユーザーとの距離が近いため、実装した機能などのフィードバックもすぐに得られます。

利用している技術・ツールについて

開発で利用する技術や、各種ツールは、最新の動向や取り入れるメリットを吟味し、試験的に導入後、本格展開するスタイルをとっています。
WebサービスではJavaを中心に、下記の言語や技術、ツールを使っていますが、開発内容やサービスに合わせて最適なものを積極的に取り入れていきます。

  • Java
  • Seasar2
  • Ruby on Rails
  • AWS
  • JavaScript
  • AngularJS
  • KnockoutJS
  • Vue.js
  • Sass
  • MySQL
  • Solr
  • chef
  • swift
  • Objective-C
  • Git
  • GitHub など

開発スキルの有無について

これまで新卒で入社したエンジニアには、開発スキルも無くプログラミングも触れたことがない、というメンバーが数名いました。そしてそのメンバーたちは今では中核メンバーとして活躍しています。
入社後は外部の研修や、先輩社員による社内研修や勉強会など、学習の機会をたくさん用意しています。
継続的な学習や開発に対する熱い想いなどは必要ですが、開発スキルが無くても成長できる環境があるので、未経験でも歓迎します。

シンクロ・フードで得られること

一般的な開発スキル以外に、下記のような経験を積むことができます。

  • 自社サービスを一から立ちあげ、そのサイトを育てることができます。
  • 自社運営サイトなので、お客さんの反応を直に感じることができ、改善をすることが可能です。
  • 意欲があれば、新しい技術を身に付けられ、かつ挑戦できる環境です。実際に若手メンバーの企画が立ち上がったり、リニューアルプロジェクトを手がけたりしています。
  • 希望すればインフラ構築やデザイン、企画などサイト全体に関わる業務に携わることもできます。 

開発や技術に対する今後の方針

シンクロ・フードのサービスは、Webが中心のため、今後もWebに関する開発力を磨いていきます。加えて、スマホアプリも積極的にリリースをしていく為、アプリ開発力も必要です。
また、サービスの成長に伴い、月間数百万PVの規模に伸びてきています。そのため、サーバ環境の強化や速度向上などの技術もより高くしていく必要があります。
これらの技術力向上は、開発部だけでなく、シンクロ・フード全体で取り組むべき課題として取り組んでいます。

そして、今後はWebをベースとしたものに限らず、IoTをはじめとしたハードに関わる技術も積極的に取り入れて、飲食業界にイノベーションを起こせるような、そしてより多くの飲食業界に関わる方々に喜んでいただけるサービスを作っていきます。