社員紹介 潮田真理

互いに高め合える環境で技術者集団を目指したい潮田 真理 / Engineer
所属:開発部 システム開発グループ / 入社時期:2010年4月 新卒入社
潮田真理

文系大学からプログラミングの世界へ

― 入社のきっかけは?

一言でいうと、インスピレーションです。

学生時代は、フランス語やフランスの文化、歴史など今のお仕事とは全く関係ないことを学んでいました。

就職活動中も最初は、雑誌の編集に興味があり、出版社で働くこと目指して就職活動をしていて、プログラマーになろうとはこれっぽっちも思っていませんでした。残念ながら、出版業界には縁がなく、どうしようかなーと悩んでいた時にふと、「そうだ、プログラマーになろう!」と思い立ちました。もともと、数学や物理など理系の学問が好きだったので、なんとなくいけるんじゃないかなーという軽い気持ちで。そして、プログラマーを募集している会社をいろいろ見ていて、『未経験OK』という募集をみつけ、エントリーしてみました。それがシンクロ・フードでした。

お互いをサポートしあえる環境

― 未経験ということで不安や困ったことはありましたか?

最初はもちろん不安でしたが、入社前に3ヶ月間、インターンとして会社にきて、先輩社員につきっきりでプログラミングの基礎を教えてもらえたので、入社時に簡単な要件であれば開発できるようになっていました。

インターン時代から感じていることですが、とにかく周りのメンバーが「優しい」です。わからないことは丁寧に教えてくれますし、システム設計や実装方針で悩んでいる時もすぐに相談にのってくれます。とてもいい環境でお仕事をさせてもらっているなーとよく(たまに?)思います。

計画どおりに開発が完了した瞬間がスキ

― 業務ではどういうことをやっていますか?

大型の案件から細かい案件までいろいろな開発をしています。Javaを使ったバックエンドの開発から、HTMLやcss、JavaScriptを使ったフロントエンドの開発まで。

開発していて一番好きなのは、「自分の立てた計画どおりに開発が完了した瞬間」です。私は担当する要件が決まるといつも、納期とは別にこっそり自分の中で細かい開発計画を立てていて、その計画通りに開発が完了した時に「よしっ!」と心の中でにんまりしています。この達成感がとても好きです。

また、最近はサイトの企画にも参加しています。最近企画したのが「求人@飲食店」の【身につくスキル検索】という機能です。営業のメンバーに協力してもらってスキルの種類を考えたり、見せ方を考えたり、企画をつめるところから実装まで担当させてもらいました。自分で企画して実装してプレスリリースまで書かせてもらったのは初めてで、とても新鮮で楽しかったです。

すごい技術者集団を目指すためのステップアップ中

― 今後やりたいことはありますか?

開発部の責任者がよく「すごい技術者集団になる!」と言っているので、私もその力になれるように成長していきたいと思っています。私が入社したころはまだまだ個人の開発力に頼っているという感じでしたが、ここ数年は、チーム力で課題の解決ができてきていると感じています。

個人的には、次のステップアップに向けて開発部の責任者やリーダーに相談にのってもらっているところで、チームや会社に貢献できる技術力をつけ、胸を張って「すごい技術者集団の一員です!」と言えるようになれればいいなと思っています。

あと、仕事と全然関係ないですが、料理が好きなので、会社でお弁当販売をしてお小遣い稼ぎがしたいです!!(笑)

フラットな環境と寛容に受け止めてくれるメンバー

― シンクロ・フードはどんな会社ですか?

「包容力のある会社」だと思います。同じチームはもちろん、誰にでも気になったことはなんでも言える環境があります。会社が掲げている「フラットな組織」という文化が定着している証拠だと思います。そして、どんなことでうも受け止めてくれる包容力のあるメンバーばかりなので、安心してなんでも言えちゃいます。
まぁ、私はなんでもズバズバ言いすぎかもしれないですが(笑)