社員紹介 形部啓二

ワイワイしながらなんにでもチャレンジできる環境形部 啓二 / Engineer
所属:開発部 システム開発グループ / 入社時期:2014年1月 中途入社
形部啓二

いろいろやれる環境が整っている

― 入社のきっかけは?

何社か経験しましたが、前職はPOSレジシステムを開発する会社です。C#使ってました。開発だけでなく、営業担当と一緒に客先でレジのデモをしたり、まーいろいろやっていましたねー。いろいろやる中で、Webの売上管理システムの開発に携わったんですが、そこでWebに興味を持ちました。Webってなんでもできるやん!みたいな感じでちょっとした感銘を受けたんですよね。

で、転職活動では自社でWebサービスを運営している会社、という条件で見ていきました。さらにいうと、自社サービスをやっていても、ひとつしかサービスのない会社よりもいろいろやっている会社のほうが経験つめそうだなーと。ヒットしたシンクロ・フードのことを調べていると、ひとつのサービスだけでなく、なんかいろいろやっていたのでエントリーしてみました。実際面接を受けると、思っていたとおり様々なサービスを運営していて、やる気があればいろいろなサイトや業務を任せてもらえる、という点が気に入りました。

入社後はほぼすべてのサービスの開発に携わりました。特に印象に残っているのは、飲食店のオープンしたての情報を得られるアプリ「できたて飲食店」を開発したことですね。いつかアプリやってみたいです、って言っていたら、シンクロ・フードの初めてのアプリを担当させてもらえたんですよね。やる気があればどんどん任せてもらえるし、自分から発言できる機会も多いので、みんなにチャンスがある、というのは面接で聞いていたとおりでした。

エンジニアでも事業を育てる機会がある

― 業務ではどういうことをやっていますか?

いまは開発半分、企画設計半分という配分です。ひととおりサービスの開発ができるようになり、今年からお店の出店や退店のサポートをするグループで、「エンジニア視点で企画する役割」を担うようになりました。実業務や売上など、ビジネスの観点と開発のしやすさのバランスを取りながら設計に落としていくということをやっています。ビジネスサイドの要望を聞きつつ詰めていくと、モリモリの機能になりがちで、機能を削っていくのが難しいなーと思いながら試行錯誤しつつやっています。

最近「飲食店.COM関西版」という、関西エリアでの物件検索機能を企画設計から開発までを担当したんですよ。全体に関わったこともあり、意識が少し変わった気がします。物件数をどうやって増やしていくかとか、会員登録数をどう高めていくかとか、事業でみる数値をよくすることに興味が湧いてきたんですよね。どんどん改善のリリースをして貢献していきたいですね。

ワイワイガヤガヤした小学校みたいな会社

― シンクロ・フードってどんな会社ですか?

なんだか「わきあいあい」としてますよねー。ワイワイガヤガヤしている小学校の教室みたいな感じ。上下関係を意識することもほとんどないですし、フラットですよね。開発部は特にそうかもしれませんが。

エンジニアって黙々とコードを書くイメージを持っていましたが、シンクロ・フードの開発メンバーは、まったく違う要件を対応していても、誰かが悩みを投げかければみんなで答えたり、活発なコミュニケーションが発生しています。ミーティングひとつとっても眠たくならないんですよ。シンクロ・フードのミーティングはみんな真剣に議論に参加してますし、建設的にすすめられていますね。ボーッとしてるヒマが無いって感じですかねー。

あと、ギクシャクしていないですね。開発の部署と営業の部署の仲が悪いとかケンカが絶えないとか、IT業界でよく耳にしますが、シンクロ・フードはそういうのはないです。開発部と業務側のコミュニケーションが多いんですよね。で、お互いの立場や考えもきちんと理解したり認めた上でコミュニケーションが取れている気がします。こういうのってなかなか言ってもできないことなので、文化として染み付いている感じがしますよね。

「あー!あのシンクロ・フードね!」にしていきたい

― どんな会社にしていきたいですか?

友達や家族に会社のことを聞かれた際に、説明しなくてもいい会社にしていきたいですねー。シンクロ・フードって飲食業界の出店や運営というニッチなところでサービスを展開しているので、飲食業界のかたには知られているけど、一般にはまだまだ知られていないんですよね。

なので、「どこで働いているの?」って聞かれて「シンクロ・フード」って答えて「あー!あのシンクロ・フードね!」って言ってもらえる会社にしていきたいです!