社員紹介 久能麻梨乃

毎日成長、活躍できる環境が魅力久能 麻梨乃 / Sales
所属:事業部 運営サービスグループ / 入社時期:2014年4月 新卒入社
久能麻梨乃

知らぬ間にシンクロ・フードに魅了されていた

― 入社のきっかけは?

一言で説明すると「シンクロ・フードのファンになったこと」ですね。

採用マッチングイベントに参加した時に、シンクロ・フードのことを知りました。そこで何より驚いたのが、イベントに参加していたかたが、社長と役員のみだったということです。他の参加企業は人事担当者ばかりの中、社長や役員のかたから直接話しを聞けたんですよ。会社や事業への思いや採用にかける思いを知れたことはすごく大きかったと思います。

同時期に他社も複数受けていましたが、ある会社の面接時になぜかシンクロ・フードの選考だと思い込んでしまい、シンクロ・フードへの志望理由を語っていたんですよ。面接終了後に、間違えたことに気づき、恥ずかしさとともに、「あ!私はシンクロ・フードへ入りたいんだ!」と心の声に気づき、シンクロ・フードへ入社を決意しました。

入社を決意した時には、「ベンチャー企業への不安はないの?」と周囲から聞かれたのですが、心配は全く無く、まだ社員数も少なくて成長できるチャンスがあるとむしろプラスに考えていました。

        

どんな時でも相手の心を想う

― シンクロ・フードではどんな業務をしていますか?

入社当時から現在に至るまで、「求人@飲食店.COM」というサイトで飲食店の求人を掲載していただくための業務をメインに担当しています。実際に飲食店へ訪問し、どのような人材を求めているかなどヒアリングを行い、最適なプランを提案し、求人の記事を書き上げます。3年間この業務を続けてきたため、飲食店の求人に関する知識を増やすことが出来て、自信を持ってお客さまの課題に沿った提案ができるようになってきました。

私が営業の際に大切にしていることは、「お客様へ真実をお伝えする」ということです。良い面だけでなく、マイナス面も包み隠さず伝えることでお客様との信頼関係を構築できるので。そういう点も含めてなのか、見た目の貫禄がついてきたのか、よく飲食店の方から大ベテランだと勘違いされてしまうんですが、まだまだです。

あとは、基本的なことですが「時間に遅れない」ということは徹底しています。ナビアプリは営業のお供ですね。

最近は新卒で入社したメンバーの指導も担当させてもらっています。チームに3人配属されたのですが、教え方、伝え方が新卒メンバーの今後の成長に大きく関わってくるので、プレッシャーもありますが、教える楽しさも感じています。本気で、愛情を持って接しています。なんだか後輩と接していると、自分の入社時代の大変さが遠いできごとのように思い出されます。とは言っても、私も未だに試行錯誤しながら仕事に取り組む毎日ですが。

ゆくゆくは、新入社員研修など担当したいなーと思っているので、まずは今の後輩たちを一人前に育てあげたいです。

        
        

お客さまの声を形にする

― 今後やりたいことは?

担当している「求人@飲食店.COM」の求人広告の商品を企画して、お客さまへ使っていただきたいですね。お客さまの声をもとにした企画を自ら考えて、自ら販売し使っていただき、そしてお客さまの採用に少しでも貢献したいなーと。まだまだ漠然とした目標なんですが、実現させたいです。

求人広告といってももちろんWebサイトなので、まずはサイトの構造や作り方についてさらに理解を深めるために、プログラミングの勉強をしていこうと思っています。シンクロ・フードには、様々な書籍が常時用意してあったり、欲しい書籍があれば買ってもらえる制度があるので活用していこうと考えています。そして、エンジニアの社員も多くいるのでエンジニアの先生方に鍛えていただくつもりです。

常に一体感がある集団

― チームや会社の雰囲気はどうですか?

キャリアアップしやすい環境がある会社だなと思っています。今年、入社3年目を迎えましたが、同期がサブリーダーに選ばれたんですよ。しっかり実績を出せば誰にでもチャンスがあるんだ!と改めて実感したので、追い越せるように頑張っていきたいですね。

やりたいと思う気持ちを伝えれば、挑戦させてもらえ、実行できる社風なので、向上心があれば成長の場があると思います。

一方、人が良すぎてお互いに人情に頼ってしまう傾向があるので、私も含めて人に頼らず限界まで挑戦することが会社の課題でもあるのかなと感じています。なので、まずは私から変化し、会社をより良い方向へ引っ張っていけるような存在になりたいですね。

あと、会社の雰囲気づくりに役立っているなーと思う制度がシンクロ・フード名物イベントの「ランダム飲み」です。これは、社長や役員、インターン生も含めてくじ引きをして7名くらいのチームに分かれるんです。社長も参加?!って最初は驚きましたね。部署や役職関係なく飲みに行けるので、横の繋がりが出来るイベントだなと毎回楽しんでます。1人5,000円支給される、というのもうれしいですね。ランダム飲みは名前の通り、飲み会なので、今後はもうちょっと気軽な「ランダムランチ」を私が提案しようと考えています。

また、飲食業界を舞台に事業展開を行っている会社ということもあり(!?)、会社ではお米が食べ放題なんです。ふりかけを常時会社に置いている私は、毎日のようにこの制度を活用してお昼を安く社内で食べていますね。食べすぎが気になっていますが…(笑)皆さんもシンクロ・フードへ入社した際は、ぜひ一緒にお米を食べましょう!