環境負荷を低減する取り組みと併せて、
持続可能な経営のサポートを意識しています。

環境負荷低減の取り組み


環境負荷低減に関する取り組みとして、社内ではペーパーレスを推進し、社内文書、請求書、経費精算、各種ワークフロー等を電子化、印刷による用紙の使用量を削減しています。またリモートワークによる働き方改革により、二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげています。


事業における環境負荷低減への取り組みとしては「居抜き情報.COM」があります。居抜きによる店舗売却は、既存の店舗をそのまま売却することで、売主にとっては撤退費用がかからずに済み、買い手側も開業にともなうコストを削減できるメリットがあります。それだけでなく、改装に伴う資源ゴミの排出を大幅に減らすことにもつながります。

→居抜き情報.COM


飲食店を持続可能にする方法のひとつとしてM&Aがあります。たとえば後継者が見つからず、閉店を考えている地域の老舗飲食店や、ブランドを譲りたいと考えている飲食店の経営者。譲渡先が見つからなければなくなってしまう飲食店に向けて「飲食M&A by飲食店.COM」を提供しています。このサービスがあることで、「コロナ禍において、思うような営業ができなくなった」「創業50年以上の喫茶店を体力的に閉めざるを得なくなった」といった事情を抱えるオーナーが、最適な譲渡先を見つけることができ、オーナーを変えて店舗を持続できたケースが続出しています。

→飲食M&A by飲食店.COM 


また、2022年にはセクターの壁を超えて、シェア(共助・共創)による持続可能な共生社会の実現を目指す一般社団法人シェアリングエコノミー協会に入会。政府、自治体、企業とも連携し、持続可能な社会の実現に邁進してまいります。


  • SDGs12 つくる責任つかう責任
  • SDGs13 気候変動に具体的な対策を