飲食業の課題に真剣に向き合い、 事業を通じて持続可能な社会をつくっていきます。

サステナビリティ方針


シンクロ・フードは、飲食店の経営者が必要とする情報提供プラットフォームの開発・運営をしている会社です。飲食店はコロナ禍で大きな影響を受け、その存在意義があらためて問い直されました。人と触れあう喜び、温かなコミュニケーション、人と一緒に食事をすることが生活に彩りをもたらしていること。そうした普遍的な価値が飲食店にはあること、社会にとって必要な存在であると認識した人も多いと思います。

飲食店の経営は簡単なことではなく、すべてが成功するわけではありません。シンクロ・フードの原点には、志と想いを持って飲食の世界で挑戦する人を応援したい、という考えがあります。物件や人材との最適な出会い、経営の効率化、無駄なコストの削減等々。飲食店の出店準備から運営、退店まで、その一連の流れにおいて起きてくる課題の解決方法や、選択肢を提示することで、経営の持続可能性を高めるためのサポートをしてきました。

世の中の変化に応じて、経営者が必要とするサービスも変わってきます。わたしたちはその変化を敏感に感じ取りながら、新しい事業にも積極的に取り組みます。食品ロス、食糧生産、地球環境への配慮など、食の側面からSDGsへの意識を高めることにも、意欲的に取り組んでいきます。飲食業の課題に真剣に向き合い、事業を通して持続可能な世の中をつくっていく。
それが当社の基本的なサステナビリティ方針です。

代表取締役
藤代 真一